FC2ブログ

学院長自宅のブーツ棚をリニューアルです!

学院長自宅のブーツ棚をリニューアルしました!

以前のIKEA製の棚を使用していたのですが。。。1段に2足までしか収まらず。。。
全てのブーツを収納可能なようにDIYしましたっ。

↓以前のブーツ棚です。
1712-91

↓今回作成のブーツ棚です。
収納数が格段にアップしました!
1903-242

1903-241


今回のテーマは。。。
・以前と同じく、オイルドレザーの天敵 カビ対策の為の通気性
・棚木材のエイジング加工
です。

通気性の良さの為に各段を棚板状態にせず、1×3材に細い木材を打ち付けたものを前後に通す事で通気性の良さを確保しました。
金属メッシュなどを棚板に組み込む事も考えたのですが、加工の手間を考慮しますと こちらの作戦の方が容易であります。

↓各段の棚板部分です。
1903-244

↓実際にブーツを置いた状態を横から。
通気性の良さは一目瞭然です!
1903-247



今回は各種1×材を使用したのですが、外側の支柱パーツに大胆なエイジングを施しました。
電動ドリルにて各面を大雑把に削っていきます。

↓左が加工前、右が加工後の支柱パーツです。
かなり痛めつけております。笑
1903-245



今回は塗装もエイジングを意識しました。
棚板パーツを薄茶色、支柱パーツを焦げ茶色のそれぞれ水性塗料を倍量ほどの水でシャバシャバに薄めた塗料を使用しました。
こちらにより単一な塗装面とならず、元々の木目や、痛めつけた傷部分などにムラが発生して、なかなか良い具合となりました!

↓塗装&組み立て後の支柱パーツのアップです。
バッグ類をぶら下げるS字フック用の取っ手パーツも取り付けました!
1903-246



主な収蔵ブーツをっ。
↓上段左より、復刻版9876(半円犬タグ)、96年875(半円犬タグ)、91年875(裏半円犬タグ)
同じオロラセットレザーでも年代によって色味が大分違います。
下段左より、ビームス別注8871、97年8179(羽タグ)、90年代8179(四角犬タグ)
1903-248


↓上段左より、ビームス別注8893、ティンバーランド 3アイクラシックラグ×2足
最下段はベルトと鞄用にっ。
1903-249


今回DIYしてみまして。。。
電動ドリルさえあれば、意外と簡単に各作業が出来ます。
しかも。。。ほぼ1×材のみの使用なのでとても安価!
塗装後の乾燥の為に、時間を一番必要としました。

皆様もおススメですよ!
スポンサーサイト



8815のシューレースを交換しました!

先日、デッドのにて入手しました8815。。。ノーマルのトラ紐がなんかチャちく見えておりました。。。
トラ紐から純正のブラック/ブラウンのシューレースに交換しました!


184-231



こちらが交換前の純正トラ紐状態です。
184-232


ブラック/ブラウンのシューレースに交換後です。
184-233

154-234
現行のラインマンにはこちらのカラーのシューレースが標準装着されております。
モンキーブーツとは言え、デザインの近い8815にも やはりこちらのカラーのシューレースの方がしっくりときますねっ。


2005年に迎えたREDWINGの100周年記念のこちらの8815。。。
通常のREDWINGタンナーのレザーではなくホーウィン社のクロムエクセルレザーを使用しております。
噂には聞いておりましたが。。。このクロムエクセルレザーが柔らかいっ!
通常はUS5Eサイズのブーツを足型に馴染ませて履いているので、今回の5Dサイズに心配もあったのですが。。。
まだまだ育成中ながらも、踵や足首周りなど全くどこにも靴擦れがおきませんっ!
あとは横方向に足型に広がってくれればバッチリでありますっ!

現状では今後、REDWINGにてクロムエクセルレザーのブーツは造らないであろう。。。との噂であります。
ユーズドなどでクロムエクセルレザーのREDWINGを見つけた際には。。。“履きやすさ”っという点においてはとてもおススメですよーっ!

半円犬タグ復刻の9876と'96年製半円犬タグ875との比較レポートです!

'18年の現時点で43歳の学院長の高校生時代。。。赤茶のモックトゥは憧れでありましたっ。
3万円ちょぃするRED WINGのブーツです。
高校生に買える値段の代物でなく。。。大人になってから手に入れて履いておりましたっ。

そんな激ブームを思春期に経験したアラフォー学院長世代にとって、'16年秋のBEAMSによる'95年当時の875の復刻は盛り上がりましたねっ!
学院長は “○カの大足、○ヌケの小足” の小足の部類(モックトゥでUS5E)なので、BEAMSにて復刻時のUS7からのサイズ展開に歯痒い思いをしておりました。。。

BEAMSでも即完売のこちらがなんとっ!
RED WING直営3店舗にて再販決定のニュースが入ったのが、昨年5月頃でありましたっ。
しかもレディースサイズからの展開とっ!
○ヌケの小足な学院長は6/3の発売日前にRED WING東京青山店までUS5Eを予約ですっ!


昨年6月の入手より約7ヶ月立ちまして。。。オークレザーインソールも足型に沈み、アッパー側面も足型に広がり。。。
格別な履き心地となって参りました!
ジャストサイズ/カチカチの状態からの育成は久々でしたので。。。かなりこたえましたね。。。苦笑
“下ろしたては地獄 → 足型になると天国”状態を久々に経験しましたっ。笑


今回はこちらの9876と、元々所有の'96年製半円犬タグ875との比較をお届けであります!

実は。。。予約したこちらの9876をRED WING青山店に受け取りに伺い、試し履きさせて頂いた時に。。。
875半円犬タグを見慣れておりますので。。。何となく違和感がありました。。。“何か雰囲気が違うそ”っとっ。。。

自宅に持ち帰った後、履き下ろす前の写真です。
いかにも硬そぉな状態でありますっ。笑
181-141

181-142



7ヶ月9876を履き込んで実際、半円タグの付いている右足を並べての比較でありますっ。
一番分かり易い差異はこちら!
モック上部トゥの半円部分と、タン下部の縫付部分の形状(半円の大きさ)が違います。
左が875、右が9876です。
181-143
9876の方が半円の上下幅が狭い縫付形状となっております。
まぁ、ここいら辺はシューレースを通してしまうと見えない部分でもありますので、さほど気にはなりませんっ。



気なる違いはこちらではないしょうかっ。
9876との初対面時に感じた違和感もこちらが要因かと思われます。
まずは、それぞれ真上からの比較です。
左が875、右が9876です。
181-144
トゥボックス上部の半円部分のパーツが、9876の方が小さいんですよねっ。
同じ大きさの円にて比較してありますっ。


横からです。
奥が875、手前が9876です。
181-145
トゥボックス上部/半円部分のパーツが小さいという事は。。。サイドのパーツが上に向かって包み込む割合が多くなるかと思われます。
真横からの比較では。。。
875がトゥボックスが切り立ったイメージ、9876が角度がついたイメージとなります。


真上からの比較でも。。。右側9876の方がロングノーズなイメージになります。
最初に感じた違和感はこちらでありましたっ!
181-146
好みの分かれるところではありますが。。。
トゥボックス上部/半円部分のパーツが大きく、トゥボックスが切り立った875の方が、モックトゥらしいゴツさを感じますねっ。
ロングノーズな顔立ちのモックが好みの方には、復刻の9876がオススメですねっ。


今回は7ヶ月後の比較でありましたが。。。
今後9876に変化が見られる場合、またご報告させて頂きます!

学院長自宅のブーツ用収納棚、これオススメです!

オイルドレザーでのブーツのシーズンオフ夏場の収納や、箱収納によるカビ発生。。。
多湿な夏場のブーツの収納に関しまして一番悩まされる事ですよねぇ。。。

ネットよりIKEAのこちらの棚が RED WINGブーツの収納にバッチリだっ、っとの記事を先日発見しましたっ。
あれっ、コレって。。。?
以前にIKEAへ行った際に、安かったので2、3個買ってあった訳でありますっ。
実は。。。学院での収納棚としても活躍しております!

早速、1階玄関近くに設置です。
ついでにカバン類の革モノもこちらに収納です。

1712-91

1712-92


オイルドレザーのメンテ時の油分補給などによる、こちらの油分にカビが発生してしまうらしく。。。どう考えても通常の靴箱等ですと通気性の悪さは否めません。
・目視での確認のし易さ
・こちらのIKEA棚は棚板がメッシュ状になっていて、上下の棚間での空気の淀み対策に
これっ、気がついた方、凄ぃなぁっ、っと思ってしまいましたっ!
除菌スプレーや、晴れ間の陰干しなど、普段のメンテ以外での面倒なカビ対策メンテから開放されそうですっ。
プロフィール

川崎ファンスプリング音楽学院

Author:川崎ファンスプリング音楽学院
JR川崎駅西口にある個人レッスンの音楽学院です。
学院情報、地元川崎の情報などをお届けしていきます!!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR