FC2ブログ

学院長の収集癖<8> “タカラ 王立科学博物館 第一展示場(月とその彼方) 全9種/シークレット込フルコンプ”

学院長収蔵の食玩やガチャなどのミニフィギュアコレクションの紹介です!

今回のご紹介は。。。こちらも当時なかなか流行りましたっ。。。
“タカラ 王立科学博物館 第一展示場(月とその彼方) 全9種/シークレット込フルコンプ”です!

“オタキング”こと岡田斗司夫氏が監修、海洋堂が造型の、なかなか凝ったシリーズでした。
食玩ブームの頃は、オマケのフィギュアがメインでお菓子はチョボチョボ、っが当たり前の状況でありましたが。。。こちらのシリーズは、フィギュアといい解説書といい、完全にオマケの域を脱しておりましたっ。笑
当時数100円単価の食玩です。。。完全にコストオーバーなのではなかったのでしょうか。。。?


まずはフルコンプ全景からです。
182-181


こんな感じのパッケージでしたっ。
182-188


フルコンプを順番にっ。
182-182

“「この10年以内に」ジェミニ宇宙船&アジェナ標的衛星”は、ドッキングVer.と分離Ver.で展示してありますっ。
182-183

182-184


シークレットの“「フォンブラウンの夢」サターンV型&クローラー”の近影です。
ノーマル各種も凝っているだけあって、なかなか地味なシークレットでありましたっ。笑
182-185


ノーマルの“「ロケットの夏」離床するサターンV型ロケット”との比較近影です。
並べて比べてしまいますと。。。余計に地味さが際立ちます。
これ。。。ノーマルとシークレットが逆のほぉが良かったのではないでしょうかっ?笑
182-186

182-187


こちらの王立科学博物館シリーズ、もちろんフィギュアの出来も素晴らしいのですが、解説書の内容の濃さも特筆すべきものがありましたっ!
食玩ジャンルで、これだけ詳細に各方向からの解説書は無かったかと記憶しております。
182-189

182-1810


ブリスターパックの台紙も手を抜いておりませんっ。
フルコンプ分の台紙を並べても、納得頂けるかと思いますっ!
182-1811

182-1812


“タカラ 王立科学博物館 第一展示場(月とその彼方) 全9種/シークレット込フルコンプ”
01)「スプートニク・ショック」地球儀&スプートニク衛星
02)「月世界」月球儀&レンジャー7号
03)「この10年以内に」ジェミニ宇宙船&アジェナ標的衛星
04)「赤いロボット」無人月探査機・ルノホート1号
05)「ロケットの夏」離床するサターンV型ロケット
06)「人類、月に立つ」月面に立つ宇宙飛行士
07)「ザ・ライト・スタッフ」月軌道を脱するアポロ13号
08)「サイエンス・フィクション」火星探査機・バイキング1号
09)「フォンブラウンの夢」サターンV型&クローラー(シークレット)


まだまだ次回も収蔵コレクションよりご紹介させて頂きたいと思いますっ。
どうぞお楽しみに!
スポンサーサイト
プロフィール

川崎ファンスプリング音楽学院

Author:川崎ファンスプリング音楽学院
JR川崎駅西口にある個人レッスンの音楽学院です。
学院情報、地元川崎の情報などをお届けしていきます!!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR