FC2ブログ

半円犬タグ復刻の9876と'96年製半円犬タグ875との比較レポートです!

'18年の現時点で43歳の学院長の高校生時代。。。赤茶のモックトゥは憧れでありましたっ。
3万円ちょぃするRED WINGのブーツです。
高校生に買える値段の代物でなく。。。大人になってから手に入れて履いておりましたっ。

そんな激ブームを思春期に経験したアラフォー学院長世代にとって、'16年秋のBEAMSによる'95年当時の875の復刻は盛り上がりましたねっ!
学院長は “○カの大足、○ヌケの小足” の小足の部類(モックトゥでUS5E)なので、BEAMSにて復刻時のUS7からのサイズ展開に歯痒い思いをしておりました。。。

BEAMSでも即完売のこちらがなんとっ!
RED WING直営3店舗にて再販決定のニュースが入ったのが、昨年5月頃でありましたっ。
しかもレディースサイズからの展開とっ!
○ヌケの小足な学院長は6/3の発売日前にRED WING東京青山店までUS5Eを予約ですっ!


昨年6月の入手より約7ヶ月立ちまして。。。オークレザーインソールも足型に沈み、アッパー側面も足型に広がり。。。
格別な履き心地となって参りました!
ジャストサイズ/カチカチの状態からの育成は久々でしたので。。。かなりこたえましたね。。。苦笑
“下ろしたては地獄 → 足型になると天国”状態を久々に経験しましたっ。笑


今回はこちらの9876と、元々所有の'96年製半円犬タグ875との比較をお届けであります!

実は。。。予約したこちらの9876をRED WING青山店に受け取りに伺い、試し履きさせて頂いた時に。。。
875半円犬タグを見慣れておりますので。。。何となく違和感がありました。。。“何か雰囲気が違うそ”っとっ。。。

自宅に持ち帰った後、履き下ろす前の写真です。
いかにも硬そぉな状態でありますっ。笑
181-141

181-142



7ヶ月9876を履き込んで実際、半円タグの付いている右足を並べての比較でありますっ。
一番分かり易い差異はこちら!
モック上部トゥの半円部分と、タン下部の縫付部分の形状(半円の大きさ)が違います。
左が875、右が9876です。
181-143
9876の方が半円の上下幅が狭い縫付形状となっております。
まぁ、ここいら辺はシューレースを通してしまうと見えない部分でもありますので、さほど気にはなりませんっ。



気なる違いはこちらではないしょうかっ。
9876との初対面時に感じた違和感もこちらが要因かと思われます。
まずは、それぞれ真上からの比較です。
左が875、右が9876です。
181-144
トゥボックス上部の半円部分のパーツが、9876の方が小さいんですよねっ。
同じ大きさの円にて比較してありますっ。


横からです。
奥が875、手前が9876です。
181-145
トゥボックス上部/半円部分のパーツが小さいという事は。。。サイドのパーツが上に向かって包み込む割合が多くなるかと思われます。
真横からの比較では。。。
875がトゥボックスが切り立ったイメージ、9876が角度がついたイメージとなります。


真上からの比較でも。。。右側9876の方がロングノーズなイメージになります。
最初に感じた違和感はこちらでありましたっ!
181-146
好みの分かれるところではありますが。。。
トゥボックス上部/半円部分のパーツが大きく、トゥボックスが切り立った875の方が、モックトゥらしいゴツさを感じますねっ。
ロングノーズな顔立ちのモックが好みの方には、復刻の9876がオススメですねっ。


今回は7ヶ月後の比較でありましたが。。。
今後9876に変化が見られる場合、またご報告させて頂きます!
スポンサーサイト



プロフィール

川崎ファンスプリング音楽学院

Author:川崎ファンスプリング音楽学院
JR川崎駅西口にある個人レッスンの音楽学院です。
学院情報、地元川崎の情報などをお届けしていきます!!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR